MHW

【 MHW 】弓の特徴と立ち回り、操作方法

更新日:

こん○○わ。ムウです。

今回は『弓』についての紹介です!

弓の特徴

弓の長所

  • 遠距離攻撃
  • 溜め攻撃が強力
  • 弾数制限がない
  • ビンによる多彩な攻撃が可能
  • 新アクション『チャージステップ』が便利
  • 機動力が高い

弓の短所

  • ガードできない
  • スタミナ管理が必要
  • ビン管理が必要

立ち回り

溜め攻撃を主体に

弓は溜め攻撃をすることが出来ます。
弓の溜め攻撃は、溜め1〜溜め4と4段階に分けられています。
(ほとんどの弓は溜め3まで)

溜め段階には補正が存在し、
溜め1と溜め4では攻撃力が4倍以上違ってくるので、
基本的には溜め攻撃を当てるように立ち回りましょう。

ただし、溜め攻撃はスタミナを消費し続けるため
スタミナ管理が重要になってきます。

新アクション『チャージステップ』

新たに追加された『チャージステップ』により、
溜めたままで回避が可能になり、
溜めが解除されなくなりました。

常に溜め状態のまま立ち回れるようになったため、
モンスターからの攻撃の誘導がしやすくなりました。

クリティカル距離を維持する

弓は、遠距離武器のため遠くから攻撃すればいいと思われがちですが、
実はそうではありません。
攻撃が届く射程もありますし、クリティカル距離が存在します。

モンスターごとにクリティカル距離は異なるので、
モンスターのクリティカル位置を把握して立ち回るように意識すると、
狩り効率が上がるでしょう。

モンスターの弱点か脚を狙い撃つ

弱点を狙った弓の射撃は強力ですが、
動き回るモンスターの弱点部位をピンポイントで撃つのは難しく、
一度ダウンさせてから攻撃する必要があります。

まずはモンスターの脚を狙い転ばせてから
弱点部位を「竜の一矢」などで集中攻撃するのがいいでしょう。

ビンの使用は状況次第

状態異常付与や弓の威力を上げるビンは、
状況次第で使い分けましょう。

特に麻痺や睡眠系の状態異常効果は、
モンスターの足止めだけでなく
ピンチを切り抜けることもできるので、
ビンの使いどころが肝心です。

弓の操作方法・コンボ

操作方法

基本操作

ボタン アクション
(押している間) 照準
射撃
長押し 溜め攻撃
クイックショット
射撃後素早く 剛射
溜め中に 曲射
竜の一矢
ビンの装着 / 解除
印弾
or ビンの選択
(押したまま) + チャージステップ

コンボ

コンボ①:基本

 ⇒  ⇒ 

(射撃:1本) ⇒ (射撃:2本) ⇒ (射撃:3本)

3連続で放つことにより、
矢の数が1本→2本→3本と増えていく基本コンボです。

溜める必要がないので、
スタミナの消費を軽減できます。

コンボ②:特殊射撃

 ⇒  ⇒ 

(クイックショット) ⇒ (剛射) ⇒ (曲射)

特殊射撃を使用する基本コンボです。

近距離での戦闘に向いています。

コンボ③:近接攻撃

(押したまま) +  ⇒ 

(チャージステップ) ⇒ (飛び込み近接攻撃)

チャージステップ後に近接攻撃を繰り出します。

過去作とは仕様が変わった

過去作では射撃の形態「連射・貫通・拡散」が弓の種類により異なっていましたが、
今作ではどの弓も同じアクションに統一され、

 連射 ⇒ 通常射撃
 貫通 ⇒ 竜の一矢
 拡散 ⇒ クイックショット・剛射

とそれぞれ対応するよう変更されています。


以上、弓の紹介でした。
次はライトボウガンについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MHW

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.