日記

私が胆嚢を摘出するまで ~さよなら たんのうくん~ その③

投稿日:

こんにちはルルムです(*'▽')

日ごとに気温が上がり
恐ろしいスピードで無くなっていた
灯油の減りもひと段落といったところ(*´ω`)
本当に冬の光熱費は深刻です(;´Д`)

さて早くもシリーズ3作目となった
「さよなら たんのうくん」

今回は市民病院でのお話です(´・ω・)

市民病院の検査行脚

点滴で痛みが緩和されたわたくし
(もしかしたらまだ、手術回避ルートがあるかも・・・!)
と紹介状を握りしめ、やってきました市民病院

消化器内科の先生との問診を終え
「じゃあ一通り検査しましょう」
の一声で別室へ・・・

分娩のとき以来のぶっとい針を
グリグリと差し込まれ、点滴をぶら下げたまま
検査コースの説明を受けました

看護師さん(以下:看)それじゃあ説明しますね
           
ルルム(以下:私)よろしくお願いします!

看:まず中央処置室で採血と採尿を行います。
  その後地下でレントゲンとCTを受けて下さい
  その後一度こちらに戻ってもらって・・・

私:ちょ・・・ちょっと待って(;´Д`)
  覚えられません・・・w

看:(笑)大丈夫ですよ
  地図は外来パスポートに載ってますし
  順番も番号書いておきますからね(*‘∀‘)

私:お・・・お手数おかけします(;´Д`)

ただでさえ記憶力が怪しい私が
覚えられる訳ナイww

すでに何種類の検査を受けたのか曖昧ですが
6~7種類の検査をすべてバラバラの場所で受けました

しかし市民病院広い!!
旦那さんが付いて回ってくれなかったら
きっと途中で遭難してたに違いないw

もうほんと
いっその工場のベルトコンベアーに乗せてもらって
自動で順番に検査機に入れればいいのに・・・

そんなこんなで3時間半ほどかけて
ようやく検査が終わり、消化器内科へ戻ったのは
お昼もとっくに過ぎ去った後でございました_(:3」∠)_

一番聞きたくなかった単語を聞いてしまった

実は検査をしている最中は
まったく痛みはありませんでした(*'▽')
(点滴の針は痛かったけどw)

薬が効いて炎症が治まっていたようで
この状態ならとらなくてもいいかも!
と希望を抱いていたのですが・・・

お医者さんの判断は
「緊急手術はしないけど、計画入院からの手術」
でした

胆石の大きさが思いのほか大きく数が多いのと
2年間にわたって胆石発作を起こしていたことを
考えると、残すメリットが無いという話(;´・ω・)

「そうですか・・・(´・ω・)」と肩を落とす私に
気を遣うようにお医者さんが衝撃の一言を・・・・!

「でも万が一 胃の方に異常があるかもしれないので」

「内視鏡検査もやっておきましょうか(´ω`*)」

(内視鏡・・・・!!??Σ( ゚Д゚))

え!?え!?この流れで内視鏡検査がくるの!!??

なんでなんで!!?
私・・・内視鏡検査・・・

だいっっっきらい!!なんですけど・・・!

大人だって時と場合によっては駄々っ子になる

先ほどまで手術で落ち込んでいた人とは思えない程に
「いやだいやだ」と駄々をこねるアラフォーw

私:先生いま胆嚢だって言ったじゃないですか!( ゚Д゚)

医:本当に確率は低いんですけど、たまに胃にも異常が見つかることがあるんですよ

私:えぇ~・・・ぇ~・・・

医:まぁ どうしても嫌なら・・・

旦那:ついでだから診てもらい

私:ΣΣ(◎_◎;)

医:じゃあ内視鏡の予約とりますね~経口でいいですかね?

私:鼻からで!!(食い気味

医:う~ん(PC弄りながら)鼻だと2週間先まで埋まってまして・・・
  お薬使いましょうか?ふわ~っとするやつ

私:なんか怪しいけど(ぉぃ)少しでも楽になるならそれで!

とまぁ 今思えばこっ恥ずかしいやりとりを経て
3日後に内視鏡検査 異常がなければその翌日に手術
という日程が組まれたのでございました

次回!!
「記憶が無いとはげに恐ろしきことなり」

お楽しみにねっ(´ω`*)

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-日記

Copyright© ヲタふ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.