ガンダム

ガンダム40周年までカウントダウン!ガンダムまとめ③作品相関図

更新日:

こん○○わ。ムウです。

幅広い世代に人気絶大な『ガンダム』が2019年 (来年) に40周年を迎えます。

第1回は「アニメ作品 (TV、OVA、映画)」、
第2回では「宇宙世紀」に着目してご紹介させていただきましたが、
第3回となる今回は、

『ガンダム作品の相関図』 (アニメ以外の作品含む)

を紹介していきたいと思います。

しかし全作品を記載するとなると膨大な量となるため、
アニメ作品は全て記載しておりますが、小説やマンガからは
私 (管理人) の主観により選別させて頂いていますので、
「この作品が載ってないじゃないか!」
などのご意見もあるかと思いますが、
あらかじめご了承ください。

全作品を知りたいという方はこちら >>> ガンダムシリーズ一覧 -Wikipedia

ガンダム作品相関図

管理人による自作データのため、若干見づらいかもしれません(;´Д`A ```

     ∇ クリックで拡大 (スマホ非推奨)
Gundam Correlationのサムネイル
Gundam Correlation-2のサムネイル

本筋 (アニメ作品)

第2回で紹介している「宇宙世紀」の物語です。

本筋を見て頂ければ、
ガンダムの歴史がほぼ分かります。

外伝 (小説・マンガ作品)

本筋の補填的な作品やスピンオフ作品が多い。

色々な作家さんや企業が関わっているため、
作品も多岐にわたり、パラレル的な作品も少なくない。

アナザーガンダム (アニメ作品)

それぞれの作品が独立した世界 (次元) での話となっており、
1つの作品で完結するので見やすい。

初めてガンダムを見るという方には、
この中の作品がおすすめ。

私のおすすめは
『機動戦士ガンダムSEED』
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』

制作元であるサンライズが
・「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」
・「21世紀のファーストガンダム」
・「原点回帰」
を目指し制作された作品である。

上記2作品をおすすめしている理由は、
もちろん内容が面白いのは言うまでもないのですが、
なにより私が

福田己津央のファン

だからであるw

福田己津央
日本のアニメーション監督、脚本家、演出家。かつては 福田満夫 及び、ふくだみつお名義で活動していた。
主な作品は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『GEAR戦士電童』『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ等。
演出に転じたドラグナー以降はフリーの立場ではあるが、他社の作品への参加は非常に少なく、大半はサンライズ作品に参加している。


彼がたずさわった作品の中でも、

・魔神英雄伝ワタル (1988年:演出)
・魔動王グランゾート (1989年:演出)
・新世紀GPXサイバーフォーミュラ (1991年:監督、演出)

は、名作だと言わざるを得ないだろう。
私と同年代の方なら見たことがあるはずだ。
学校から帰り、宿題もほったらかしたまま、
TVの前にかじりついていませんでしたか?w


何から見ようか迷っているなら、
ぜひ『機動戦士ガンダムSEED』を見てみてください。

あとがき

いかがでしたか?

人によって見方や考え方は違うでしょうが、
大筋はそんなに変わらないと思います。

私が作った相関図の上から順番に全部制覇することができれば、
晴れてあなたも

ガンダムマニア (ヲタク) だ!!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
次回は「アナザーガンダム」あたりをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ガンダム

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.