ガンダム グッズ

【ガンダム】ファン必見!ついに ”ハロ” との会話が実現

更新日:

こん○○わ。ムウです。

本日は、「初代ガンダム」ファンなら誰もが夢見たあのペットロボット、

『ハロ』

が、ついにこの世に誕生したことをお伝えしたいと思います!

今までも数多くの ”ハログッズ” は商品化されてまいりましたが、
今回は一味違います!

飾るだけのおもちゃや、ただ光る・しゃべるだけではなく、

なんと『AI (人工知能)』を搭載し、
コミュニケーションロボットとして誕生したのです!


“プレミアムバンダイ”で予約販売され、7月下旬から予約開始予定。
価格は149,040円(税込/送料・手数料別途)です。

「ガンシェルジュ ハロ」とは

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するマスコットロボット “ハロ” が
“もし現代に存在していたら” をテーマにしたAIコミュニケーションロボットです。

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の知識を豊富に持ち、
その会話を楽しむことができる。
それが「ガンシェルジュ ハロ」です。
※ガンシェルジュとは、「ガンダム」と「コンシェルジュ」をもじった造語です。



バンダイが企画・販売を行い、
日本アイ・ビー・エムが『ガンダム』の内容に特化した会話システムを構築し、
VAIO(バイオ)がハロ本体の機構、回路設計と生産を行います。




”ハロ” とは

“ハロ” とは、1979年放映開始のTVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場し、
主人公アムロがフラウにプレゼントしたペットロボットです。

球体のボディで転がって移動しますが、
収納された手足を使って階段の昇降もできます。
簡単な会話や脳波レベル測定も可能です。
ホワイトベース内ではキッカたちのペットにされることも。
他の『ガンダム』シリーズにも登場する人気キャラクターとなっています。

ガンダムシリーズのマスコット的キャラクターですね。




「ガンシェルジュ ハロ」の4つのポイント

1.会話機能

◆日本アイ・ビー・エム(株)がガンダムの内容に特化した会話システムを構築

ガンダムの基本からちょっと踏み込んだ内容まで、
ハロと延々と会話できます。
ハロの頭脳は日本アイ・ビー・エム株式会社の技術を活用して構築。
ユーザーとの会話内容を分析し、
ピッタリの話題で延々と会話を続けたりクイズも楽しめます。
モビルスーツやキャラクターなど様々な話題でハロと会話を楽しむことができます。




2.発光&動作

◆ハロ本体の設計と生産はVAIO(株)が担当

洗練されたデザインと愛らしい動作でハロを立体化

「ガンシェルジュ ハロ」の本体は、VAIO株式会社の協力によって製作。
球体でありながら転がってしまうことがなく、
自分の位置を保持し会話の内容に合わせて、
前後・左右の揺れや会話相手の方向に向きを変えるアクションも実現。
揺れる際、耳を開けておくとバタバタ動いて愛らしさがアップします。
多色LEDの点灯もハロの様々な状態を表現します。





3.ディスプレイ

選べるディスプレイ方法

ハロの手足は手動により出した状態、格納した状態で
ディスプレイすることができます。
※専用クレイドルが付属します。




4.アプリ、その他機能

スマートフォン連動

スマートフォンと接続することで、スピーカー機能や目覚まし機能など、
会話以外の機能を使えます。

ハロ本体のソフトウェアアップデート、ハロが会話する時間帯の設定、
アラーム時刻の設定など、いろいろな設定ができます。


画像はイメージです。
製品画像は開発中のものです。
版権元監修中です。
BluetoothはBluetooth SIG.Incの登録商標です。


商品概要

【価格】149,040円(税込/送料・手数料別途)
※サーバー利用料は初回発売月から12ヶ月間は無料の予定です。
※通信費などは、購入者の負担となります。
【予約開始時期】7月下旬予約開始(予定)
【サイズ】約19cm
【重さ】約1.25kg
【動作】前後左右の揺れ、話者方向への旋回
【電池】内蔵充電池(充電用専用ACアダプター付属)
【通信方法】
無線LAN(会話にて使用)、
Bluetooth(スマートフォンでの設定、スピーカー機能で使用)
【その他機能】外部スピーカー機能(Bluetooth接続)、アラーム機能
※BluetoothはBluetooth SIG, inc.の登録商標です。
※ハロをサーバーにつなぐため無線LAN環境が必要です。
※無線LANを使いサーバーに接続することで会話をします。
※商品のお届け時期は7月下旬の予約開始時に案内されます。
【セット内容】
ハロ本体
クレイドル(充電時用の台座)
専用ACアダプター
専用USBケーブル
取扱説明書
【開発・協力企業】
≪バンダイ≫
商品企画、発売元
≪バンダイナムコスタジオ≫
遊び方、演出をバンダイと共同で企画
【協力】
≪日本アイ・ビー・エム≫
アニメ『機動戦士ガンダム』の内容に特化した、
会話AI(人工知能))システム開発支援
≪VAIO≫
ハロ本体の機構、回路設計及び生産

あとがき

冒頭でほぼ言っちゃいましたが、
いやぁ、近未来化がどんどん進んでいきますねぇ(*´Д`)

まだ完全自立型ではないですが、
コミュニケーションが取れるようになっただけでも
もの凄い進歩していますよね。
自立化もそう遠い未来じゃない気がしますね!

ただまぁお値段が...その...ね?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「ガンシェルジュ ハロ」公式サイト

プレミアムバンダイ公式通販サイト

(C)創通・サンライズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ガンダム, グッズ

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.