アプリ (ゲーム) トリヴィア (雑学)

新たなポイントプログラム「Google Play Points」がスタート

投稿日:

こん○○わ。ムウです。

Googleは先日(2018年9月18日)、日本ユーザー向けの新たなポイントプログラム

「Google Play Points」

を発表しました。

新たなポイントプログラム「Google Play Points」がスタート。支払いに応じてステータスや特典を付与。

発表に先駆け、デモを交えて行われた報道関係者向け発表会の模様がレポートされていますのでご紹介します。

「Google Play Points」は、アプリやゲーム、音楽、映画、電子書籍など、Google Play上で行われるすべての支払いでポイントを獲得できるプログラム。
獲得ポイントに応じて「ブロンズ」から「ダイヤモンド」まで5段階の会員ステータスが設定されており、ステータスが上がるとポイント付与率が最大で2倍にまで高まるという仕組み。


「ブロンズ」では100円あたり1ポイントの付与率だが,「ダイヤモンド」になると100円あたり2ポイントになる。会員ステータスが上がると,電子書籍のクレジットや映画レンタルの割引チケットなどが手に入る。

「Google Play Points」には「Google Play」のホーム画面から入会でき、本日から順次利用可能となる。
ポイントは支払い以外にも対象アプリのインストールなどでも付与され、入会後7日間は、100円につき3ポイントの付与率という通常より多くのポイントを獲得できるキャンペーンが実施される。
加えて、貯めたポイントはゲーム内のさまざまなアイテムに使用できる。



現在のステータス、所持ポイント、次のステータスまでのポイントなどを一目で確認できる。「貯める」タブには開催されているキャンペーンが表示され、ホームでの告知以外にもゲーム内やメールによる通知も行われるそうだ。



ポイントで手に入るアイテムは、いわゆるガチャを回す際に消費するアイテムだけでなく、ゲームを優位に進められる武器やスタミナなども対象。Google Play クレジットにも交換できる。

「Google Play Points」ローンチ時に、貯めたポイントを使えるタイトルは「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」「D×2 真・女神転生 リベレーション」など。
順次「ファイアーエムブレム ヒーローズ」なども対応していくという。


このほかにも数多くのパートナーが参加。ローンチ時の「どのゲームにどの程度ポイント付与がされるか」といったキャンペーンはGoogle側で決定しているが、今後はデベロッパが参加しやすい環境を作っていきたいとのこと。

続いて、実機によるデモを披露してくれた。
「ゴールド」のステータスで「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」の「ラピス」を120円で購入すると4ポイントを獲得し、次にオーディオブック「ピノッキオ」を999円で購入すると30ポイントを獲得できた。
購入時にあらかじめ何ポイント獲得できるかも表示されるので、ステータスを意識する際に参考となりそうだ。



購入までの操作はこれまでと変わらず、購入画面には付与されるポイント、購入後には獲得したポイントが表示されるようになる。

ポイントの使用デモでは「D×2 真・女神転生 リベレーション」の「マグネタイトパック」を例に、400ポイントを消費してアイテムを入手。
アプリを起動すると「Google Play Points」の交換で手に入れたというメッセージが表示され、プレゼントボックス内から受け取れるようになっていた。



「使う」のタブから「マグネタイトパック」を選ぶと、入手アイテムの内訳が表示される。続けて「ポイントを使う」をタップして「D×2 真・女神転生 リベレーション」を起動すると、トップ画面でポイントを使ったというメッセージが表示される。

今回のプログラムについてGoogleは、日本のユーザーへ感謝を示したいというのが導入に至った最大の理由だと話す。
実機を使って「Google Play Points」の体験をしてみたところ、利用中に戸惑ったり分かりにくかったりする部分もなく、スムーズに利用できる手応えが感じられた。

これまで課金をしてきたユーザーへのアドバンテージやアフィリエイト、他の地域での実施など、今後の展望についての言及はされることはなかったが、今後このプログラムがどのように活用されるかは気になるところだ。
プログラムへの入会は非常に簡単でデメリットに感じる部分もなかった。
Android端末を使っている人は、このプログラムの利用を検討してみてはどうだろうか。

あとがき

まだ貯めたポイントを使用できるタイトルは少ないですがこれから徐々に増やしていくそうなので、普段からよく課金をされている方にはちょっとお得なサービスなのではないでしょうか。
サービスを利用したからといって損をする訳でもないので、Androidユーザーは利用を検討してみてもいいのでは?

「Google Play」公式サイト

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C) 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Alim Co., Ltd.
(C) mixi, Inc. All rights reserved.
(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C) SEGA/ (C) ATLUS

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アプリ (ゲーム), トリヴィア (雑学)

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.