ゲーム トリヴィア (雑学)

『ポケモン』誕生から22年。「ピカチュウ」誕生秘話が公開

投稿日:

こん○○わ。ムウです。

本日はお子様から3~40代では知らない人はほぼいないであろう

『ポケットモンスター』のお話です。



ピカチュウの最終形態案「ゴロチュウ」とは?「ピカチュウ誕生秘話」が公開

(株)ポケモンが6月6日、自社ホームページにて
“ピカチュウ誕生秘話” を語る特設ページを公開しました。

1996年にゲームボーイソフトとして発売された
『ポケットモンスター 赤・緑』(以下『赤・緑』)、
そこで初めてピカチュウが登場しました。

その『赤・緑』の開発者であり、
特にピカチュウの誕生に大きくかかわった3人のクリエイターによる、
発売から22年の月日が経った、いまだからこそ語られる秘話を公開しています。

謎の「ゴロチュウ」にまつわるエピソードや、『赤・緑』発売前に描かれた、
今とはすこし違うピカチュウの年賀状の画像も公開しています。

「ピカチュウ」とは

『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種で、1996年に発売された『ポケットモンスター 赤・緑』で初めて登場した。

最初に選ぶ3種類のポケモンではないが、1997年から放送がはじまり、
現在も続いているテレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズで、
主人公サトシのパートナーとして活躍しています。

その愛らしいルックスから人気が出て、
日本国内外問わずポケモンを象徴するキャラクターとなった。



”ピカチュウ誕生秘話” における3人の中心人物

特設ページでは、そんなピカチュウの誕生秘話を
ゲームフリーク創設メンバーの1人である杉森 建氏と、
現在も同社でプランナーを続けている西野弘二氏、
そしてイラストレーターのにしだあつこ氏が語っています。

どのようにしてピカチュウとそのデザインが生まれたのか、
最終形態として考えられていた「ゴロチュウ」とは何なのかなど、
興味深い話がいくつも飛び出しているので、ぜひ目を通してみてください。

(以下敬称略)

杉森 建(すぎもり けん)

株式会社ゲームフリーク創設メンバーの1人で、
『赤・緑』では、キャラクターデザインや公式アートなどを担当。
現在は同社取締役。

西野 弘二(にしの こうじ)

株式会社ゲームフリーク所属のプランナー。
『赤・緑』では、ゲームプランナーとしてフィールドマップやポケモンの出現率、
強さなどのデータ設計を主に担当。
現在も同社のプランナー。

にしだ あつこ

『赤・緑』では、キャラクターデザインを担当。
現在はフリーのイラストレーターとして
『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターデザインにも参加。

あとがき

私も10代の頃にめっちゃやってました!
『ポケットモンスター赤・緑』
ゲームボーイのモノクロ画像が懐かしい。

以降のシリーズを私はやっていませんが、
相方と長女が「ブラック・ホワイト」をやっていましたね。

あ、「ポケモンGO」は少しだけやりました。
ほんとにちょっとだけ。
1週間かそこらですぐ止めちゃいました。

しかしすぐに大問題になりましたね (汗

今でもゲーム自体は続いてるそうですが、
色々解決されたんですかね?

「ピカチュウ誕生秘話」 - The Pokémon Company

(C)1995 Nintendo /Creatures inc. /GAME FREAK inc.
(C)2018 Pokémon. (C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
※ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ゲーム, トリヴィア (雑学)

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.