PS4

「絶体絶命都市4 Plus」ゲーム概要をスクリーンショットと共に公開

投稿日:

こん○○わ。ムウです。

今回はグランゼーラのタイトル絶体絶命都市シリーズの最新作、

「絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-」

をご紹介します。





『絶体絶命都市4 Plus』のゲーム概要


グランゼーラは先日 (2018年5月31日)、年内に発売予定となっている、
震災などの都市災害からの脱出をテーマにした
PlayStation 4用サバイバル・アクションアドベンチャーゲーム
「絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-」のゲーム概要を、
さまざまなスクリーンショットと共に公開しました。


※画面は開発中のものです。

今作のコンセプトは “世界一の都市災害体験シミュレーター” とされており、
災害シーン、生理現象、人間ドラマがよりリアルに描かれた作品となっている。

災害 (今作では震災) から身を守ることや、災害時の健康維持、
探索、生存者達との人間関係が主な構成要素となっている。
都市災害に遭遇したときの臨場感が味わえるだけでなく、
登場人物とついつい本気で係わってしまう、
ゲーム内なのに人間らしい行動を意識したくなる、
といったことを、本作で実現しようとしているそう。

これまで地震や水害といったシチュエーションで、
都市災害による極限状態の中を「知恵と勇気と思いやり」を駆使して生き延び、
脱出を目指すサバイバル・アクションアドベンチャーとして展開されてきた
絶体絶命都市シリーズ。

今作では、主人公が未曾有の巨大地震に遭遇する。
震災で崩壊していく都市からの脱出が,大きな目的となっている。

~ ストーリー ~
20XX年、7月……。学生である主人公・結子 (※) は、入社試験の面接に向かう途中、未曾有の巨大地震に遭遇した。

オフィスビルが次々に倒壊していき、道路は寸断される。結子は他の被災者同様行き場をなくしていく。容赦なく降り注ぐ夏の日差し、不足する水・食料は結子たちの体力を奪っていく。

さらに、トイレの不足や水不足は衛生環境を劣悪にしていく。いつ、どこにいても街の崩壊によって命を奪われるかも知れない恐怖と、悪化する環境に結子や周囲の人間のストレスは削れられていき……。

結子は無事、崩壊都市から脱出することができるだろうか……。

※主人公の名前や性別、ゲーム開始時点での状況 (就職活動中/すでに社会人として仕事をしている/学生)
などは、プレイヤーが選択できます。


そんな本作で体験できるさまざまなシチュエーションのスクリーンショットや,
PlayStation VRでプレイした場合の視界が分かるスクリーンショットが公開されました。

商品コンセプト


『世界一の都市災害体験シミュレーター』

臨場感と没入感が味わえる

・崩壊している街の中を歩いている感じがする
・見えるもの、聞こえるものに反応したくなる
・都市災害の“怖さ”が体験できる









登場人物にはついつい本気でかかわってしまう

・登場人物たちが本当に自分たちの意思で動いているように見える。
・登場人物たちともっとかかわりたくなる。


▲本作では、さまざまな被災者から情報を入手したり、
協力したりすることで震災から生き延びることを目指します。


▲シリーズ恒例となる多彩な選択肢は本作でも健在です。
プレイヤーが取った行動により、その後の物語が変化していきます。


ゲーム内なのに人間らしい行動を意識したくなる

・社会性、欲望、羞恥心、精神的な満足と焦燥感など、
 ゲーム内なのにプレイヤーの気持ちに訴えかける。


▲転倒したバスから女性主人公が出てくる。


▲自動車の運転席で気を失っている人を助け出そうとしている様子を見ている主人公。

災害シーン

ゲームに登場する災害シーン、防災マニュアルは、
防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんが監修しています。

また、本作では神戸市消防局の協力のもと、
火災などの災害シーンや救助活動シーンの表現、防災マニュアルなどに、
実際の災害事例や防火・防災情報などを取り入れることで、
よりリアルな表現になっています。

【災害シーン監修者】渡辺 実氏
防災・危機管理ジャーナリスト
株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長
NPO法人日本災害情報サポートネットワーク 顧問

<神戸市消防局からのコメント>

災害をテーマにした「絶体絶命都市」シリーズへの協力は、消防局から市民に向けて防火・防災情報を効果的に発信できる大きな広報チャンスだと考えています。
神戸市消防局は「絶体絶命都市」シリーズの根強い人気を以前から把握しており、今回は消防局側から直接グランゼーラ様に対して協力を打診し、このたびのコラボが実現した次第です。
本作を通じて、一人でも多くの方に防火・防災情報をお伝えすることができれば幸いです。
広報担当 消防司令補 高岡武志

ゲームは震災を中心に進んでいきますが、
それに伴って発生する“火災”、“飢餓”、“集団パニック”、“液状化現象”なども
取り扱われています。




生理現象をより人間らしく

飢餓感、のどの渇き、そして排泄欲求...
本タイトルでは、人間の生理現象を限界まで表現されています。





人間ドラマ

登場人物の人数は、シリーズ最多の60名以上が予定されています。
人々は、それぞれに事情(物語)を抱えており、
主人公は出会ったさまざまな人々と協力し、
時には傷つけ合いながら崩壊都市を進んでいきます。




PS VR

PS VRでプレイした場合のスクリーンショットが公開されています。






オンラインランキング

善行ランキングや悪行ランキングといった、
プレイ方法による順位付けが行われる予定です。

『絶体絶命都市』シリーズ


絶体絶命都市

~ あらすじ ~
人々の希望をのせて完成した人工島、通称「首都島」。
そこは、50万人以上の人口を抱える巨大都市。
主人公は、たった今この島に降り立った若手新聞記者。
彼は、この新しい赴任先での生活、仕事に胸の高鳴りを感じていた。
しかし、都心部に向かう列車の中で巨大地震が発生し、取り残された主人公は・・・

地震で崩壊していく都市を彷徨いながら、生き延びる青年の行動を体験するシリーズ最初の作品。

■PS2アーカイブス/PS3
■配信開始日:2015年2月18日
■価格:¥1,000(税込)
■CERO:C (15才以上対象)




絶体絶命都市2

~ あらすじ ~
土地の有効活用をうたったジオフロンティア計画で活気つく巨大都市・富坂市は、12月、季節外れの集中豪雨に見舞われた。
この街で暮らす、ホテルのウェイターのアルバイトをしている青年、兄殺しの疑いをかけられ留置所の中にいる女性、タクシーの運転手、クラスメイトにいじめられ苦しんでいる商業高校の女生徒、目覚めたときに記憶を失っていた白衣の青年・・・勢いを増して押し寄せる水の恐怖、寒さ、そして・・・命を圧迫する脅威に立ち向かう人々。

五人の主人公が織りなすそれぞれの絶体絶命都市。
シリーズ初の複数人主人公。

■PS2アーカイブス/PS3
■配信開始日:2015年2月18日
■価格:¥1,000(税込)
■CERO:C (15才以上対象)




絶体絶命都市3

~ あらすじ ~
4月からセントラルアイランドの大学に通うことになった若者(男女から選択可能)は、バスで新しい生活の場所に向かう途中、海底トンネル内で巨大地震に遭遇する。
この日、島を出ようとする本条という女性と協力して、巨大地震、建物の倒壊、火炎旋風などの脅威から生き延び、島からの脱出を試みる。

シリーズ初の携帯ゲーム機向け絶体絶命都市。
アドホック機能に対応。
ゲーム進行に応じて「防災マニュアル」が入手可能。

■PSP
■配信開始日:2015年7月29日
■価格:¥1,000(税込)
■CERO:B (12才以上対象)


あとがき


今回ご紹介した『絶体絶命都市』シリーズ。
個人的に好きな作品で、1・2は何周かプレイしました。
3はPSPに移行してしまったのでやっていません(;´∀`)

その最新作がPS4にやってくる!

発売日は ”2018年未定” ということですが、早く決まるといいなぁ。
待ち遠しいです!

『絶体絶命都市4Plus ‐Summer Memories‐』公式サイト

『絶体絶命都市』シリーズ公式Twitter

(C) Granzella Inc. All rights reserved.

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-PS4

Copyright© ヲタふ〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.